・引き篭もり故に室内画像が多い癖に、イヌ科に向けるものにフラッシュは一切使用しません。
  お見苦しいですがご了承下さい。
 ・打ち消し文かなり不定期更新。多々不親切ですみません。むしろ生まれてきてごめんなさい。リンクは御随意に。
 ・現在、カッコカリで予約投稿で毎日20時に更新中。
 ・コメントは更新の糧です。返信が至らないのは生暖かい目で見守って下さい。色々と残念なヒト科です。
 ・でもポチッとして下さると嬉しいです。 にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ←ヒト科、強かの証。  




スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

あの女のイイワケを断罪する!

 2008-01-14
 正式な挨拶ははめましてボクのナマエは……ボクのナマエってなんだろう。いっつもフシギに思うんだ。
 ボクのナマエは飼い主とは名ばかりのあの女がつけたんだけど、あの女ったらまともに呼んだことがないんだよね。原型のないナマエらしきものとか、「白と黒の」とか、「ちんまいの」とか、「けもっこ」とか。
 まぁ、カワイソウな頭の持ち主だからしかたがないんだけどね。

 ちなみにボクは頭がイイから、あの女のじょうたいがケンボウショウっていうんだって知ってるんだけどね。 



 はじめまして!
088.jpg
「余計なお世話だよ。毛むくじゃら」



 で、なんでいつもはあの女が書いているこのぶろぐにボクがわざわざ登場したかっていうと、ボクが怒っているからだっ!
 ハル先輩のところで、先輩がひきこもりになってるんだって知って、あの女がボクにもんくをいうんだ。

「ほら、飼い主ってふられると悲しいのよ~」

 いやみったらしくいってくる。ボクがあの女から逃げて、ケージにはいるのが気にくわないらしい。しかも、いうにことかいて捨てられたとかヒガイシャぶっている。(テイシュツショウコ
 だいたい、ボクや先輩以上にひきこもりのくせに、うるさい女だ。しかもボクがケージにはいるのはあの女のセイなんだっ!ジゴウジトクだろうっ!!





 ボクはスウコウなるイヌ族だから、ゲセンなヒト族になんてさわられたくない。
 なのに、あの女はさわろうとしてくる。ヒト族のなかでもとくにカトウなあの女の手なんてまっぴらだ。だからヒョイってよけてやる。
 すると手を止めてからボクをみて、

「ねぇねぇ」

ってオモムロにおじにいちゃんをよびつけるんだ。
 おじにいちゃんはあの女のオトウトで、同じケットウだからあの女と同じれべるの低いヒト族だけど、あの女のオトウトってだけでカワイソウだから、ボクは少しだけドウジョウしている。
 でね、おじにいちゃんはあの女のイイナリだから、すぐにやってきて、あの女の話をきく。

「みてみて、ATフィールド、ATフィールド!

 ……止めていた手をボクにだして、よけるボクをそういって笑っている。サイコウにコンジョウのわるい笑顔だ。きもちわるい。

「凄いですね~。弾きます。寄せ付けません。流石、ATフィールド!」

 そういってなんども手をだしてくる。
 ボクはモチロンよける。でもガクシュウしないあの女は同じことをいって、手をだしてくるんだ。
 まぁ、よけるボクをたのしんでいるみたいだから、カゲンしてさわってはこないんだけど。

「ふふふ、甘いっ!ATフィールドはATフィールドで中和できるのだ!!」

 !?
 ボクとしたことがさわられた。あの、ショウワルな女に!!
 ……ユダンしていたんだ。これ以上のしょっくなんてない。

 なのに、あの女はクウキをよまずにやってくる。

「ほほほ、最後の使徒がヒトなのは常識よっ!ネルフのみなさんっ!」

 ボクはいつから【ネルフのみなさん】ってナマエになったんだっ!【カモメのみなさん】みたいじゃないかっ!
 ケッソウをかえて追ってくるから、カシコイ上品なボクは逃げるほかない。

 使徒ってヤツは、うにゃうにゃのくちゅくちゅだったり、かったいヒシガタだったりするけど、ソウジテきもちのわるいカイブツのことだ。まさに、ボクはカイブツにおわれている。
 ボクがドウジョウしてやったおじにいちゃんも、ゲラゲラ笑うだけだ。ヤツもショセンはヒト族。カイブツの仲間だったってことだ。
 ボクが頼れるのはボクしかいない。逃げ込め、ケージに!いきのびるんだっ!!

「っち、地下に逃げよったか……」

 サイワイ逃げるすぴーどはボクの方が早いから、ケージに逃げ込むことにはセイコウする。





「いやいや、姉ちゃん、ラミエルの前では歯が立たない防御壁だし、ゼルエルじゃ一瞬じゃん。つか、ゼーレの前じゃ朝飯前だよ。奇襲だぜ、奇襲」
「あ、じゃあ、精神世界とかにしとく?」
「ま、無難じゃん」
「じゃぁ、改めて。もどっておいでーシンジー」

 ……こんなんで、逃げないでボクにどうしろっていうんだ。このイエでいきていくタメには、逃げるのもトウゼンだろう!逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだなんて思うワケないだろう!
 呼んだってでていくものかっ!ボクは【シンジ】じゃないっ!!


「無理無理、今ヤツは一生懸命ATフィールド再構築中。ほっといてやれって姉ちゃん」


 やっぱちょっとだけおじにいちゃんはイイヤツ。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへb_rank.gif

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
スポンサーサイト

うう~ん……

 2008-12-05

 最近、お休みが多くてすまんな。
725.jpg
 俺もユウシがみせられないのはザンネンだ。それとオトウトは順調だぞ。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

不満だらけの日々。

 2009-07-21


「どうも、Jrです。最近、オルスバンばかりです」
1080.jpg
「なのにブラッシングされてます」



 お兄ちゃんはアジったりで半日お出かけですものねぇ。



「ほんっとフホンイです」
1081.jpg
「ふぅ……」



 ……可哀そうですねぇ(他人事のように)



にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

札幌市が殺処分の様子を公開。

 2010-08-10
 無駄に長いと評判の旅行記の途中ですが、気になる動画があったので。
 元はこちらの北方ジャーナルさんの記事で動画の内容はタイトル通りです。

 頭の足りないヒト科は語れば語るほどアホがばれるので、動画を見て個々で判断して下さい。
 是非、多くの方の目に触れて欲しいのですが、内容が内容なので、続きをクリック又は↑の記事元からご覧下さい。



 個人的にレーティングをするならば、淡々とし過ぎて人によっては【簡単なこと】として捉えられそうだな、って感じでしたが、イヌ科飼いにはキツイです。
 筆者はトイレに行って、コーヒーのお湯を沸かすのを眺めて、コーヒー飲んで、天井を見上げて息を止めて(昔から精神を落ちつける方法としてしてる)から一気に見ました。

 残酷なのかもしれませんが、それを理由に思考停止することが一番残酷だと思います。
 「残酷」だと感じる人が何も考えなかったら、誰も見向きもしないだけだから。




 『もう飼いたくないし、センターに持ってこ!』って思った人が、愛護センターや保健所の住所を検索した時にこの記事にぶち当たって、現実を知って思いとどまってくれることを切に望みます。

 責任取り方って色々あるけど、お金で取る方法だって存在すると思うから(むしろ筆者は大概の事は取れると思ってる)、もう一回考えて欲しい。

 避妊・去勢の費用、健康診断を含む最低限の医療費&生活費……

 これくらい払えれば面倒見て新しい家族を捜してくれる人はいると思う。
 つーか、いる。センターじゃなくて、まずはそういう人を探そうよ。少なからず私はご兄弟との相性も時期もあるし、預かれると断言出来ないけれど、預かってくれる人を探すのは手伝うって断言出来るし、これなら出来る!って手伝ってくれる人は世の中には一杯いる。

 何に悩んでいるのか、何が理由なのかは分からないけれど、命は一生かけても償えないけれど、金は一生かければ賄えないってことはない。


 自分の子供が出来て命の価値観が変わった。愛する人が死んで生死観が変わった。小さかった子供が現実を知ってショックを受けてしまった。大したことはないと思って行動したが周りの信頼を失ってしまった。


 今は良くても、これから一生この選択が付きまとうことを忘れちゃいけない。
 命の価値なんて、何を大事にするのかなんて人それぞれだけれど、それぞれだからこそ自分と同じ考えばかりとは思わない方が良い。

 例えば、うちの両親は弟の嫁候補が動物をセンターに持ち込んだことがあるのを知ってたら、結婚を許さないだろう。これはまぁ、嫁候補も言わないだろうが、はてさて「嫁候補が小さいころに“親”が持っていた」としたら?

 これは割と知れることになると思う。特に嫁候補にしてみればただの“過去”だったら普通に昔話として弟に話すだろうし、ただの昔話だと思っている友達も弟に話すだろうし。
 人の口には衝立を立てられない。

 うちの両親がどんな反応するかは分からないが、私は確実に付き合うのは勝手だが、結婚はやめてくれと言うだろう。しかも認めたら親子の縁を切る!とまで両親に詰め寄るだろう。
 そんな親とは親戚関係になんぞなりたくない。一生会うこともなかったとしても。

 それで結婚が破談になるか否かは不明だが、私のような考えの奴はいる。


 そして一番最悪なのは、「“親”が持って行った」先の現実を子供が知ってしまった時だろう。
 そうでもなくても、私は私の両親が「“親”が持って行った」子供だったとしたら、祖父母を嫌うし、己の血を憎む。何がどう関係してくるか分からない。

 全ては不確定要素の話だが、だからこそ何らかの形で責任が取れるなら、取るにこしたことはない。そうすれば「責任は取った」という確定要素となる。
 特に自分の子供や孫を、優しい子や賢い子に育てたいというのなら、もう一度考えて欲しい。

 自己で判断し自分の足で人生を歩んでいける人間には、まったく同じ考えの人間はいない。



にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

札幌市が殺処分の様子を公開。 の続きを読む

家族の証明2。

 2011-05-30
 ヒト族父は敵で間違いないが、オレは良い子だからお迎えに行ったりもしてるんだぜ。
 カイヌシの野郎、さもオレが悪いみたいに書きやがったけどな!



「飛行機遅れてるってさー」
1475.jpg
 ありえねぇー。


 クレートから出してはくれたけど、20分も車にカンキンとかギャクタイ以外の何物でもないとオレは思う。

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

息子さんより一言。

 2012-01-02


「オオソウジとやらにかまけてるんじゃねー!暴れるぞ、がおー!!」
1685.jpg
 マジゴメン。ですが、勝手に登山は勘弁して下さい。

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。