・引き篭もり故に室内画像が多い癖に、イヌ科に向けるものにフラッシュは一切使用しません。
  お見苦しいですがご了承下さい。
 ・打ち消し文かなり不定期更新。多々不親切ですみません。むしろ生まれてきてごめんなさい。リンクは御随意に。
 ・現在、カッコカリで予約投稿で毎日20時に更新中。
 ・コメントは更新の糧です。返信が至らないのは生暖かい目で見守って下さい。色々と残念なヒト科です。
 ・でもポチッとして下さると嬉しいです。 にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ←ヒト科、強かの証。  




スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ふと思ったのだけれど。

 2007-12-14
 さっき職場の女性が先輩の女性に怒られていた。することがあっても身に入らないヒト科(最低)は、ぼーっと息子に思いを馳せながらその様子を聞くともなしに聞いていた。
 怒られていたのは数人の女性で、先輩はお局とか呼ばれる感じの人だ。一通り怒って彼女は去り、残された数人は文句を言い始めた。曰く、

「ったく、話が長いったらない。おばさんってこれだから嫌」

だそうだ。
 きっと欲求不満なのよ~とか言ってる。誰にも相手にされないから可哀想~だそうだ。




 さぼり気味のヒト科は只でさえ他人と関わるのが嫌いな上に、フロアが同じでもパーテションで区切られ、他のチームとの関わりは薄い職場に居る。お陰でこのやりとりをした人たちは全て顔だけ知ってるような状態なのだけれど、この会話を聞きながらふと思った。

 誰しもおばさんになるであろうに、おばさん、つまりは歳を取ったってだけでヒトを見下せる彼女たちって凄いなぁ、と。

 それって自分がこれからどんどん価値が下がっていくだけっていうことを認めているのと同じだと思うのだが、どうなのだろう?
 純粋に凄いなって思う。少なからず自分には認められないぞ。それともそんなこと考えないのか?

 ん~、彼女らのやり取りを見ていると後者のような気がモリモリするけれど、少なからず外側から見れば、

「私、これから価値が下がっていくだけです!」

って言ってるに等しいと思うから、やっぱりこれからもそういった発言はしないヒト科であろうと誓った。そもそも思えないし。
 うん、怒られてたヒトらの中に己より若いのは居なかったとしてもね(って書いてる次点で少し思っているのか?)

 若いってだけで価値があるのは(頭の回転とか体力面とか将来の可能性とか)当然だと思うけれど、それだけが全てだったらヒトとしての価値なんて皆無なんだろうなぁ~とぼんやりと思っていたらお腹が空いたので、ウエンディーズに行くことに決めました。
 今はヒトとしての価値よりも、生き物としての欲求が優先優先。ヒトとしての価値なんて、きっと年取ってからはっきりするものなのだろうさ、と彼女たちを見て思いましたトサ。



「そんなことばっか考えてるの?りろんばか?」033.jpg
 ん~、ふら~っと頭を過ぎるから特に意識したことないけど、回数多いからそうかも。暇人とも言うけどね。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへb_rank.gif

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
スポンサーサイト

頼むから、と思うこと。

 2008-02-14
 私は完全なる中二病患者なもので、妙な青臭い正義感みたいなのを持っちゃっている。
 同じく中二病患者である弟などは、ニュースで子供を殺す親などの事件を見ると、怒りを覚えるタイプで、彼を見ていると「生きにくい性格」だろうなぁなどと勝手に思う。
 彼は全てに本気で怒っているからだ。それこそ、地球の裏側での痛ましい事件でも。

 多分、それは中二病患者としてまっとうな(苦笑)症状なんだろうけど、筆者にはない。
 それは他人に対する興味度が可愛そうなほど低いからだと重々承知している。(恩に恩で返したいとは思っているので、一度好きになった人には従順だよ!←フォローのつもりらしい)
 なので、根底に流れているのは似ていると思っている。

 因に、中二病は別に本当の病気ではなく、思春期特有の正義感とか青臭さとか、尾崎豊的な思想(笑)とかを患ったままなヒト科のことを指す造語。詳しくはこちら







 で、そんな私が流石になぁ……と思ったのが、報道ステーションのメーンキャスターさんの発言。18歳を成人と認めるか否かの下りで、


「子供のまま大人になったようなアダルトチルドレンが増えていますから」


 と発言されていた。
 アダルトチルドレンは、子供のような大人ではなく、子供のころに虐待を受けたりなどして、問題(心的外傷等)をもったまま大人になってしまった人を指す言葉で、決して【子供のような大人】を指す言葉ではない。

 アダルトチルドレンは被害者であり、決して本人が怠けていた訳でも、ダメな訳でもない。(ある意味で誤用の方も同じかもしれないけれど)
 負の連鎖を断ち切るためにも救わなければならない人達を指している。

 それを、まるで悪い風潮(多分正確には若者の、と頭につく)かのように語っていた。誤用しているのだから、当然だとは思うけれど。


 世間で誤用の方が一般的に通じているのも解るけど、報道の人間が聞きかじっただけの知識を鵜呑みにするなよ、と思ってもしかたがないと思う。初めて耳にしたとき、聞き馴れない言葉を辞書で引く(情報ソースを明らかにする)ことすらしないのか、と。

 もちろん、一般レベルなら有りだと思う。それが新たに辞書にのって行くのが言葉をだから。(出来れば専門用語は本質(本来の使い方)がブレることがないからブレないで欲しいけれど。あ、因みに『アダルトチルドレン』は正確には学術用語ではないぞよ)

 しかし公共の電波にのる、しかも“真実を流している”と謳っているニュース番組で誤用の方が一般的だから、と使うのも、間違うのも(特に心理学系の扱いの難しい問題を)どうかと。
 これで傷つく人は、傷つかなくても良かった人達。だけど存在するのだろうな、と思うと(結構人って簡単に傷つくよ)怒りではないけど憤りはかなりのものが(苦笑)

 TVという大きな媒体でニュースを伝えることで、誰一人傷つかないことってないとは思うのだけれど、こういう無用な部分で傷つけることは避けられるもので、避けるべき。そんでもって最低限のマナーではないのだろうか。





 でもって、多分、“正しい”と思って使っちゃっているのに少し笑ってしまったり。胸を張って言えるほど、サイレントだから教えてやる気は更々ないけど(性悪)誰も教えてくれないのかしら?などと最後まで見ちゃったよ(笑)
 誰も本来を知らないOR知っていても大したことじゃないと謝りをいれないのなら、どっちにしてもその程度かとか思うためだけに。

 で、謝りはなかった。

 ま、サイレントであることで誤用キャスターを擁護してるのと一緒だという事実は事実だけど、今日この“成人18歳問題”でアダルトチルドレンの誤用を見過ぎていて、もう、笑うしかなかったのさ。
 夕方のニュースと、報道ステーションのあとの他の夜のでも使ってた。キャスターも、コメンテーターと呼ばれる人達も。

 うん、まぁ、結局、やっぱり己は中二病患者だなぁ、という話。



※15日追記。
 14日の放送で謝罪があったそうです。分かりづらいですが、この記事は13日深夜に書いたので、日付は14日ですが13日の放送を見たのみで書いています。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

…………。

 2008-03-08
 何か一生懸命書いたのに、一瞬で消えました。(保存前に間違った場所をクリック)

 やる気がでません。と言うより、泣きたいです。さようなら。

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

己への戒め。

 2008-04-20
 Jrのお父様のお家元のブログに思わずコメントしそうになる。しかしそれは棲み分けとか常識知らずとか、とにかく常軌を逸しているから止めて正解だ。

 ブログといえばネットの世界。ネットの世界というのは不特定多数の方が読むということだ。

 気をつけろ、お前。
 思わずの行動だったから、ブレーキかけるの大変だったぞ。今だにちょっと平気かなぁ~と法の目をかい潜るかのように思っているぞ。



 気をつけろ、しなかったお前が正しい。



 ……この先のブログ生活のために戒めとしてこの記事を記す。(それにしてもやめる、という行動がキツかった)(ヒトの業だね!)




にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

獲ったどぉぉぉぉ!!!

 2008-04-22
 さっき更新したのにこの叫びをせずにはいられあろうはずもない。だから叫ぶ。タイトルは良いんだ、テレ朝繋がりだ。そう、獲ったのだ。“獲ったどぉぉぉぉ!!!”なのだ!

 だから叫ぼう、せぃのぉ~




映画ー相棒ー
初日舞台挨拶チケット
獲ったどぉぉぉぉ!!!(歓喜)





 うわぁぁぁん、やったよママン!
 2ドラの時からファンやってん。てか、刑事貴族の時から水谷さんが好きやってん。

 しかも、しかも、一個(二回行くらしいよ)は、ど真ん中二列目!! 

 もちろん、この座席っぷりが私の大興奮の訳だ。(さっきのチケゲット合間に更新したんだ)(仕事しろよな!)ああ、余すことなく堪能しちゃるで!
 水谷さぁぁぁん!!つーか、右京さんに薫ちゃん!!トリオ・ザ・捜一も米沢さんもいっとくさんもピルイーターも覚悟しとけよ!ぶっちゃけ最後の二人の掛け合いが一番楽しみだ!もちろん、人質の女性陣も大好きだぁぁ!(舞台挨拶に出演記載はいないけど)


 ああ、暫くは「一生遊んで暮らせるほどの遺産が転がり込んでこないかな」と毎朝の日課を口にせずに済みそうだ♪


 そんでもって、もちろん、舞台挨拶の日は休んでます(最低)


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

最近思うこと。

 2008-04-27
 上の子の方が写真が多いのって真理な気がする(笑)



 額毛が変と言うだけで撮られたもの。
307.jpg
 昨日のと同時期。



 下の子は二人分の世話に追われて中々カメラにまで手が回りません。遊んでいる時とか撮っても殆ど使い物にならないブレブレだし。
 ダメだ、Jrの画像も集めなければ!画像を振り返ってみると、やっぱり成長していて感慨深いもの。あ、某D氏に任せようかな(笑)



にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

祝☆

 2008-05-13
 身内以外はがっつりどうでも良いことだと知った上で叫ぶ。



息子の妹嬢がブリーダーさんチに残留決定だぁぁぁぁ!



 やったよ、ママン。
 ブログにはRSS入れてるし、HP自体には行かない上に更新履歴に載ってなかったから今の今まで気付かなかったのだけれど、間違いなくそう表記されていて、死ぬほど嬉しかった。
 これで、間違いなく地図の上の方に行ったら会えるではないか。寧ろ、ショーに出続けられるのなら、どこまでもストーカーする所存だ。(最低な告白)

 息子さんには更にちみっ子弟が居るのだけれど(Jrは一人っ子)ブリーダーさんの所の側に嫁いだ(笑)そうなので、これまたいつか地図の上の方へ行ったら会えないだろうか、と期待してみる。
 なんだろう、なんか普通にテンション上がるね!

 イヌ科には余り兄弟とか関係ないのかもしれないけれど、やっぱりどうしても心躍っちゃう今日この頃。でもって、授業中の弟にも、引越し準備に郡山に旅立った母にも電話しちゃったよ(笑)(父はスルー)
 やっぱり皆喜んでいたから、ヒト科って結構現金だよね。


 因みに、母は粗大ゴミ運び出しの真っ最中らしくて最初、すっごい怒られたけど、一瞬にして人が変わった(笑)掌を返すってこういうことだと身に染みて感じた一日でした。



にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

宣伝サイトにおける不快度。

 2008-05-25
 穿った見方で申し訳ないけれど、ブログ村で50位~200位くらいにいると、イヌ科の宣伝書き込み(サイトはまとも)が増える気がする。
 別に丁寧なコメントだし、不快なのではないけれど。

 が、同じコメントを同じ順位のブログで発見するから、『これくらいのブログなら、宣伝にならなくてもコメント貰えたのが嬉しくてサイト来てるだろう』的な下心を感じるのは不快。
 手間かかっているし、やり方の姑息さ(?)は大好きだけれど。

 因に、一文でも違うことが書いてあったら普通に返事してサイトへ行くかはその時の忙しさ具合、とは思ってはいるけど、今までで全て一文一句全て同じなのを見つけている状況。



 う~ん、普通にエロサイトのより不快だな☆



にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

ファムファタル。

 2008-06-06
 子供の頃から犬を飼いたかったダメ人間は、正に運命の子(タイトルは正確には女だけど)を探してた。オスと相性が良いと信じて疑ってなかったので、オスで、息子の現在の名をつけるとだけ心に誓って。

 第一希望は、ゴールデンレトリーバーだった。当時、小学生。だけどない頭で無理だと気付いて、夢だと思う前に挫折。その後にパピヨンだ!と閃き、それ以来パピを追う人生。
 家族中犬好きではあったけど、社宅生活の根無し草だったので、不可能だった。

 が、去年五月に引越して、それが始めての“持ち家”で、ペット可。




 で、運命の子探しが始まる。
 物件の片手間(寧ろ逆)に引き篭もりの利器たるネットで探し回り、息子の犬舎に出会った。

 パピヨンを追う人生だったけど、それなりに大きくなってた私は、動物愛護団体などからの引取りが頭を掠めつつ、迷っていた。だって、明らかに息子の犬舎の子達は幸せになれる、美形揃いの、頭の良い子たちだった。引く手数多だろう。
 しかもブリーダーさんがしっかりと相手を見極めようとされていた方だったので、その思いはひとしおだった。

 だけど、引取りには“独身女”は不可とする団体が多数だった。
 実は引っ越した持ち家の幾ばくかは私が出資しており、両親は別に相続する家があるので、都会のど真ん中のこの家は将来的に私の物だ。少なからず、犬の一生の間は保証できる。問題は、母がいなければ日中に留守時間が長いということくらいだった。

 その時は不確定ではあったけれど、その時の思い通り、友達のいないダメ人間は息子にかかりっきりだ。彼の生活を世話する最低限の愛情くらいある。
 母が居ない場合は、留守が長く寂しい思いをさせるのは可愛そうだとは思うけれど、その辺りは少々昼夜逆転でお願いしたいと思っている。寝るのは11時くらいで、早起きし、睡眠は昼寝で補う、日光浴は朝日な方向で。
 まぁ、母は都会派だから、ここに住むと言い張っているけれど。

 だけどそれは人間の勝手だし、愛護団体さんが不可にするのも解かる。実際、問い合わせたけれどダメだった。

 母が“飼い主”ならば良いと言われたけれど、それでは意味がない。私は、私より先に死んでも許せるだけの愛情を“私が”注げる子が欲しかったのだ。
 母が“飼い主”ならば、私は世話をしないとまで思う。だって、絶対許せない。ならば距離を置くタイプだからだ。私は。




 だもので、初志貫徹、原点回帰。
 一番良いと思った前述の犬舎さまで、そのとき生まれた兄弟のお兄さんの方を譲って頂いた。白黒の、長年夢に描いた理想の子。

 因みに結婚は出来るかどうかが不安だが、したとしても三十代でこの家のこの立地を得られるとは絶対に思えない。四十代でも不安。よって結婚生活はココだろう。
 更に私は幼い頃の経験から、かなり厳しい条件がある上で、自分が満足出来る形でしか引越しをしたくはない。だから、息子を迎えることをふんぎった。(更にいうと、人間より動物の方が愛するに値すると思っている人間の風上にもおけないタイプ)(要は結婚できないっぽい)


 私と息子との運命は、私が一方的に享受するだけの歪なものだけれど、いつか与えられるものが出来れば良いな、と。そしてそれが息子さんの一生に間に合えば良い。
 その一年が終わってしまったけれど、取り合えず、この先の一年をもっと良くするために頑張るから、これからもどうかよろしくお願いします。

 君が生まれてくれたことと、私の元へ来てくれたことに感謝。なにより、運命の女には程遠い私を真っ直ぐ見つめてくれる君にありがとう。


 HAPPY BIRTHDAY!381.jpg




にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

大人は子供。

 2008-11-20
 Jrは元気にしております。ええ、まぁ、元気なのが問題なくらいに(苦笑)
 看護師さん(超美人!)に「大人しくしてなきゃダメだよ~」って、お話の合間にずっと言われてたくらいに;

 そして現在、年末調整とかいうアレなことで仕事量が半端ないヒト科。真面目に気が狂いそうになって(爆)「会社やめる!」と日に二桁は吐き捨てております。あははん♪
 一応、集中すると他のことを考えられない可哀そうな脳みそなので、仕事中は平気なんですけど、ふと我に返ると借り物の席で「とりあえず辞表書くか」とボソリと言っているそうです(隣席の証言)かなり末期ですな。


 こっちはJrが心配で心配で、いっそ休み取りまくりたいんだよっ!


 と、皆で忙しいオフィスで心の底から(実際に口に出して;)叫んでいる己の社会性のなさから、これから実社会で生きて行く糧(笑)として今年の夏の出来事を記しておく。(前置き)





 筆者の父親は、その昔、家族参加の会社のレクリエーション(高尾山登山)で、ナチュラルに酔って腹芸をする社員のいるとかいう伝説をもつ会社の人間である。当時小学生と幼稚園児だったヒト科の御姉弟は、マジでビビったものだ。
 他にもマイナス方面への偉業は事欠かない。

 さて、そんな謎の(緩いもしくは痛い)会社ではあるが、お陰様で父も定年間近にして役員見習い(笑)になった。
 なので役員総出のゴルフコンペにも父は参加。しかし丁度ゴルフ場には大雨洪水警報と雷雨が向かっている最中。
 と、そんな状況の父上から電話があった。


「あ、オレオレ」
「うん。分かるけど、一応オレオレ詐欺?って聞いた方が良い?」
「聞かなくて良い。これからプレーで急いでるから」



 ……はぁ?



 繰り返すが、大雨洪水警報@雷雨が向かっている。
 だだっ広いゴルフ場での雷なんて、死亡フラグも良いところだ。アホなのだろうか、と思いつつ、ソコを突っ込んだ。


「死ぬっしょ!?」
「うん。だから電話してみた。俺が死んでも達者で暮らせよ!」



 ……大丈夫か、我が父親。



「ちょ、アホ?シャレ抜きで死ぬよ!」
「でもやろうって皆で言っててさ!大丈夫、皆でやれば恐くないって!」
「役員総出だよね?会社ヤバイでしょ。ってか、良い歳こいて皆でなに言ってんの!?」


 その後、



「嵐の前触れって感じの黒々しい空で、凄い面白いぞ!じゃあな!」



 との、まったく為にならないコメントを残して携帯を切りおった。
 なんぞガキとしか言いようのない、テンション高めの楽しそうな弾んだ声だったので、もう知らない。ってか、ゴルフメンバーの数人は知っている人達だけど、簡単に父と同じ状態なんだろうなぁ、と想像できて恐い。

 なので、そんな人々で会社、ひいては社会が動いていると思えば、ダメ人間たる筆者も何とかなるかなぁとか心の底から思えた。
 意外と皆、大人な振りして子供だよね。(因に筆者は根っからの子供だ!)




 因に仕方がないので、この場合は死んだら労災になるの?との議題を家族で一頻り議論した後、放って置きました。
 結論としては、社員の一人が文字通り身体を張って(宴席で一発芸したらしいよ!/笑)止めて下さったそうです。マジありがとう、見知らぬお方。

 さて、少し気が楽(?)になったから連休(せめて一日っ!)目指して頑張るぞー!!
 ↑現在自宅にて通常業務中(号泣)



にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。