・引き篭もり故に室内画像が多い癖に、イヌ科に向けるものにフラッシュは一切使用しません。
  お見苦しいですがご了承下さい。
 ・打ち消し文かなり不定期更新。多々不親切ですみません。むしろ生まれてきてごめんなさい。リンクは御随意に。
 ・現在、カッコカリで予約投稿で毎日20時に更新中。
 ・コメントは更新の糧です。返信が至らないのは生暖かい目で見守って下さい。色々と残念なヒト科です。
 ・でもポチッとして下さると嬉しいです。 にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ←ヒト科、強かの証。  




スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

未知との遭遇とドッグランデビュー。

 2007-11-09
 日曜にタイトル通り引き篭もりの風上にもおけない大冒険へ繰り出したのですが、引き篭もりの名に恥じぬヘタレっぷりで本日までぐったりモードなヒト科(笑)
 お陰で記録が今日まで伸び伸びさ!



 さて、本題。

 行き先は副タイトルを「セレブ編」と銘打った代々木公園でした。
 原宿だと微妙ですが、表参道と言えば途端に副タイトル通りになるマジック。

 そんな街でイヌ科もイヌ科で引き篭もりの内弁慶故に、少々心配しつつ行き成りデビュー。取り合えずは小型犬専用で。
 するとヒト科に運命の出会いが!!

 コイケルフォンディエ(日本に60頭もいないんだぜ!)との対面!!

 あああ、彼(彼女?)に会えるとは、流石に東京砂漠!コンクリートと枕詞が付くとはいえ、ジャングル!!
 掲載許可は取っていないのでお披露目はありませんが、がっつり写真を取らせてもらい、気付けばドッグラン内で歩いてるお犬様は彼のみという体たらく(笑)

 当の息子氏は、チワワ相手に内弁慶を炸裂させつつ、ヒト科に媚びておりました。
 飼い主がS気たっぷりに縋ってくる子を無視していたので、特に同行をお願いした友達へ素晴らしい攻勢をかけてました。その結果……

 友達の腕でまったり。004.jpg
「うぬ。ここは安全じゃ」

 なので、ちょっとつまらなくて名を呼んでみる見捨てられた飼い主。

 息子さんや!!005.jpg
「ぐわっ!」

 という、実に天晴れな寝返りを見せてくれました。
 よかよか、自分に利のある付き合いをなさい。あんたの飼い主もそれがしぶとく生き抜くコツだと信じて疑わないさ。

 因みに吠えたりは皆無。
 元々内弁慶ではあるのですが、他所様には媚び媚びになるという捻くれ内弁慶@見事に飼い主そっくり!なので、強いイヌ科には微妙に、ヒト科には全力で媚びて行くのだが(苦笑)


 で、お昼を食べて、もう一度大型犬も居る所にもトライし、こちらでもヒト科はセレブ犬に現を抜かす。
 白くて大きいハウンド系の子とか、バーニーズが多数にリトリバー系でもフラット・コーテットまでいたり、正に犬天国!!
 こんなん飼えるの金持ちだけよ!と言わんばかりの大型の種類の多さは圧巻で、ドッグランの外ではそのちょっとしたアトラクションを観戦する人が多数。イヌ科を連れてるので入場できる己の状況に後追い中の息子にぐっじょぶ!

 その後は表参道へ繰り出したのですが、その道すがら茶壺くんと思われるポメを発見!
 丁度、「さすが代々木公園。でもメジャーどころなのにポメだけは見なかったなぁ」などと言っていたので、前方より優雅にポメポメ歩く子をロックオン。で、ふと飼い主さんを見たら正に代官山にぴったりのしゃなりしゃなりと歩くお方!!

 あれ、柴田亜美先生じゃね?と(そして可能性がない訳ではないとも)思いつつも、息子氏がボランティア精神旺盛で落ち葉の清掃作業をパクパクと勤しまれるので、気を抜けない。
 ううう……と思いながらも去られていく後姿をちらちらしつつ、追う勇気もない(迷惑だろうしね)ヘタレは、「締め切りに追われてるって!」と必死に言い聞かす。

 それに、余りにもポメポメと優雅に歩いてるんだもん!
 まったくポメラギオンの片鱗もない、そのままNYの5番街でもシャンゼリゼ通りでもどんと来い!な優雅さ。正にポメオブポメ。

 違う。あれは種族が違う。と言い聞かせてたのに……茶壺くんで間違いなかったよ!!(泣)
※証拠に記事にトラバらせて貰ってるぞよ。

 ううう……、柴田先生はイメージ完璧(小脇に抱えたバックに私には散歩で履けぬようなヒールのお靴!)だったのに、茶壺くんがぁぁぁ(泣)
 本当に可憐なポメだった。もう、完璧なポメラニアンだった。想像との誤差がありすぎた。(失礼)

 彼は我々に似た捻くれ内弁慶なのだろうか?それともポメラギオンは擬態という技をもつ種族なのだろうか……
 謎は深まるばかりだったけど、あのお犬天国でポメラギオン(世界に一匹しかいないんだぜ!)にお会い出来るチャンスを逃すとは。逆に言えば流石のお犬天国だけど。

 ああ、どっちにしても書いてる今も凹。


「生まれて初めて買ったコミックがパプワなんだってね」006.jpg
 うん。今もコミック派だけど読んでるよ。ガンガンはパピの癖にデカイあんたくらい簡単にコキン出来るから、買いに行く体力がないよ。ネットで頼むには送料代がもっとないよ。



にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
スポンサーサイト

他犬種と言い張るパピヨンの会。

 2007-12-27
 やぁーと、お出かけ話でも。この前の土曜日に「ジャパンドックフェス」行って来ました。
 この日の主目的は妹さんの応援と、運命を拾いにです。

 が、初っ端からお聞きしていた時間に余裕を持って出かけたというのに、息子が三度も大きいのをかましてくれるという自由人(頂きました!)っぷりで、時間ギリギリ……で、オーバー。 しかし前の何だったか忘れた犬種が押していたのでセーフでした。(こういう経験が人間をどんどん自堕落にします)

 で、ブリーダーさんに電話し、無事合流。やった!と思ったら、移動開始終了直後に

「みからさんですか?」

との声が。
 何!?私は運命を拾ったか!!?

 ええ、拾いました。運命はココにありました。声の主はハル三昧!のさえさん。ご一緒にハルくん、D氏とハル三昧!ベストメンバーです。おお!


 どんっ!042.jpg
「べろんちょ」


 すっげー。実物だよ、実物。
 はい、はい、と挙動不審の名に恥じないYESマンっぷりで返答し、そこらで遊んでた息子を無理矢理引き寄せるヒト科。ごめん、気を使ってやれなくて。
 そんでもって無理矢理近づけます。


 行けっ!行くのだっ!!043.jpg
 ヒト科が互いに近づけようと必死なのをリードの引っ張り具合が如実に表している(笑)


 お話をしていると、「ハルがオレ、耳毛薄っ!」って悩んでないかな、と仰るさえ氏。「大丈夫だよね?本人思ってないよね?」と続けられる様子に、「最悪、チワワだと言い張る」と返す筆者。チワワとは思えぬハルくんのしっぽ毛の充実っぷりに、立派なパピヨンよ!何この女失礼なことぶっこいてるの、と思われでしょうが、口には出せませんでしたがその心根は、

「息子がオレ、デカっ!」

って悩んでたらどうしよう、でした。混乱ゆえの言動です。(この場を借りずに(だって自分のぶろぐだった!)すみません。しかもタイトルが重ねてすみません!)
 妹さんの2回り、ハルくんに至っては3回りはデカイであろう息子。ええ、ボーダーコリーの仔犬だと言い張る方向で行きますが何か?



 その後、餌に釣られる息子氏。044.jpg
 ハルくん、完全に引いておりますがな。


 その後、更に調子に乗る息子氏。045.jpg
 あわわわ、カバン漁りは勘弁して~!!(泣)


 その後、不埒な息子を監視・警戒する素晴らしいハル氏。046.jpg
 分を弁えろ、息子よ。


 その後、不審なナマモノを視線の先のさえさんに報告する優秀なハル氏。047.jpg
 もうさ、Dさんおやつ持ってないよ。


 ……水でも飲んどき。048.jpg
 それでも警戒を怠らないハルくん。すまぬ、ヒト科共々不審ナマモノで。



 しっかしさえさんは犬見知りをしない大らかなワンちゃんと言ってくれたけど、自分よりも目線が低ければもうまんたいな彼。人生の何たるかを心得ています。
 自分よりでっかい犬にはこうはいかないのです。そんでもって人見知りもするから熱烈歓迎スキルを持っていません。



 落ち着きのない息子がふらっとしてるときにやって来てくれたハルくん。049.jpg
 しっぽブリブリ。


 やっべぇ、可愛すぎるっ!
 息子さんったら、自分が構うのは良いのに、構われるのは嫌いな性格(飼い主そっくり!)なので、顔を見てしっぽを振るから近づけば、しゃがんだ瞬間にそっぽを向くような男。もれなく尻尾停止でな!(泣)

 そんな訳で、さえさまにもDさまにも愛想を振り向いてくれない息子。頑張れよ。お前ががっちり心を掴むことによって、お二方のヒト科への評価が変わるんだから!(他犬本願)
 ヒト科の夢は、君がどっかのドックランか浜辺辺りで、ハル君とうふふ♪おほほ♪と追いかけっこしてくれることなんだからな!もしくは優雅にティーをしばくとか。ハルくんからオヤツを奪わない君が見たい……。



 で、最接近(多分)050.jpg
 キーワードは「餌さえあれば!」(笑)



 と、まぁ、こんな感じでハル三昧!オールスターズさま、イヌ科共々長々とすみませんでした。楽しい会合でした。(頂いた写真ばかりの記事ですみません)
 また機会がありましたら、是非。この家のヒト科は常に間違った時間の使い方をしているので、お気軽に召還してみて下さい。イヌ科共々サービス精神を磨いておきます!





 そして最後に……

 初めてのドッグショーに、ルールはチンプンカンプン。妹さんは取り合えず皆に渡しててないから参加賞じゃないリボン貰ってたから凄い!つーか、ヒト科もイヌ科も我が家のナンバーワンは君だ!という結果でした(笑)

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへb_rank.gif

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

一月二日を振り返る。

 2008-01-04
 日は過ぎましたが、何処に憤りをブツケテ良いのか解からないので(根暗)二日に遡ってこの三が日の記録を付けよう!シリーズ(と言っても二日分)を記そうかと思います。
 ま、本体部分は三日なので、二日はただ一文で終わる所を引き伸ばし~の相変わらずのグダグダなのですが。追記するとナチュラルに今日は休みました☆(ダメっ子)


 さて、二日は従姉(同い年)の家に行って参りました。
 相変わらずのスリングIN電車移動です。が、流石に前回のお出かけで学んだヒト科は、急遽購入した服を着せました。抱かれているだけ(駅方面は人多くて歩かせられない)だとどうも寒いようで、震えていたので。(お陰でコートを奪われちょりました。初参りの赤子のような状態になって、前は暑いが後ろは寒かった!……ヒト科がな)


「準備万端!」060.jpg
 ……着せんの大変だった…………


 もちろん、電車内は暑いので、駅に入る前にさくっ脱がせて車内。快適なのか一切動かない息子に、死体を一体量産した疑惑が頭を過ぎってしかたがなく、何度も心音を確かめる小心者ヒト科が散見されましたが、一言の叫びもなく到着。
 駅に着いたら逆に着せるのに手間取るも着させて出発!

 従姉の家は半年ちょっと前まで快速だと隣に住んでいた上に親友が住む街なので道に迷う訳はないのですが、記念にと散策も同時進行です。


「知らない街だ!」061.jpg
 ……上から写す分にはいつもと変わらんがな。


 沿線の駅の中でも栄えている駅だが、ふと視線を転じると畑が続くような摩訶不思議な街。
 駅前なのに何故畑!?みたいな、凄まじい矛盾を抱える風景が続きます。だだっ広い畑のバックが高層ビル、とかデフォルトです。ん~、いつ見てもシュール!(結構お気に入り)


「イイから早くいこっ!」062.jpg
 いや、その視線の先のだだっ広いだけの田畑はドックランじゃねぇ。


 しかし、駅から従姉宅への道は殺人事件の現場が年々増えるデンジャラスゾーン(笑)
 結構な田畑風景の真ん中が現場だったりするから、めっさ楽しかったり感慨深かったりします。街外れでも殺人事件が起こったりするから、田舎安全神話を嫌う筆者には、人間が居たらどこだって起こりうることなんだろうと思わせてくれる道です。

 なにせ、そーとー大回りしなければ、田畑に囲まれた従姉宅へ殺人現場を避けて到着できません。(従姉宅周辺は昔からの集落なので)


 ココ降りたら直ぐだから、記念写真。063.jpg
「……手早くな」


 途中、初めての踏み切りも経験。ガタンゴトン&チンチンと鳴り響く現場に二度ほど遭遇。
 吠えはしなかったけれど、忙しなく足元に絡み付いてくるのを見ていると(歩き難い!)怖かったのだろうなぁ(笑)←その反応が楽しくてしょうがないタイプのヒト科。
 それで、どうなったかと言うと……


 スメラー、現る!(笑)064.jpg
 元ネタはこちらでね。


 で、到着した従姉宅は三年前までイヌ科を飼っていたような家。
 盛大な歓迎を受け、遊んで貰って楽しそうな息子は、一通り室内チェックと大暴走をしたら我が家かのように寛ぎ始めました。
 ヘソ天もなんのその。我が物顔でこの家の主に気を使わせてくつろぐスバラシさ。甘えられるヒト科を見つけるのは神業だな!


 ウチ(貧乏)には存在しないフカフカ。065.jpg
「きもちー!……くつろぎちゅうのオレに手ぇ出すなよ」


 ……息子よ、それ、その、夢見心地のやつな、叔母様が

「ずーと欲しかったんだけど、清水の舞台から飛び降りる気持ちで買ったのよ☆」

 と言った後に、どんなに聞きだそうとしても値段を語らなかったほどの絨毯よ!頼む、頼むからチッチなんぞかましてくれるなっ!!と、ひじょーに焦るヒト科。
 えー、だって、こんな高級品があると思わなかったから(失礼)意図的にマナーベルト忘れちゃったんだもん☆な状況。(自業自得)頼む、頼むからっ!!
 が、息子はサラリとペットシートにかましてくれました。


 ああ、良かったっ!!


 ホント、眠くて死にそうな時も、いつまでたっても出さない時も、てめぇ致してる時に横で煩ぇんだよとでも言いたげに睨まれた時も、トイレ中に変態宜しくずーと「ピッピッピッピ……」と言い続けて良かったっ!
 事あるごとに「ピッピ、ピッピはココよ!」とソファ裏に設置したシートを指差してハラハラしてたら、ヒト科の焦りなどには何処吹く風で覚えていたらしい。なら先に言ってくれっ!(無理)

 初めての場所に匂いをかぎまくりだから、トイレなのか違うのかが解かり難くて余裕な顔しながら相当ハラハラしたと言うのに……

 そんな感じでトイレもクリアしたので、その後は高級フカフカをヒト科も堪能して睡眠♪(息子の我が物顔はお前に似たのじゃ!)




 夕食にご馳走も頂き、帰りは祖母を連れて帰るというのが主目的だったので、祖母付き(祖母は足が悪いのですが、正月行脚で車のない家もあるので、自営の社用車がある従弟宅の車と一緒に移動している)の車で帰宅。
 運転はもちろん筆者。息子は初筆者運転車でした。


 住所不定無職。066.jpg
 車の所有者に用意して貰っていた(笑)


 助手席の足元に(片側潰して、反対側の蓋はパカパカ言わせて)設置、リード着用で移動を制限の下で移動開始!
 余りに動くようならスリングに入れて助手席にでも引っ掛けようとか考えていたのですが(虐待に継ぐ虐待)遊び疲れたのか普通に寝ていたので住所不定無職のまま放置。

 いや~、二日の首都高は空いてる!の笑いの止まらない状況ですぐに家に着きました。

 ……と、言っても出発が遅かったから23時回ってたんだけど。



 そんな一日でしたが、仲の良い従姉とも語り合ったし、息子がやたら褒められたのにも気を良くして楽しい一日でした。
 が、移動中に寝て貰うための夜の散歩中、息子がやたらと一点を見つめて動かなかった所があったのですが、それは何を意味するのっっ!?


 見難いですが、彼の視線の先は殺人現場。067.jpg
 ……怖っ!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへb_rank.gif

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

お出かけ補完計画。第一弾。

 2008-01-17
 と、今回は三回に分けて(多分)お出かけ編。の補完をば。
 掲載許可を頂いた上に、年末の大掃除はしない癖にPC整理だけは定期的に行う筆者が画像を発掘したので(笑)
 ナニ、今頃去年の総決算?みたいな。

 しかし楽しいお出かけだったので、記さねば!で、記録して行きたいと思います。




 第一弾は、「セレブ編」のかふぇの画像でも並べてみようかと。
 息子さんったら微妙に子供ちゃんなのと、良い感じの画像(自画自賛)が見つかったので。


 謎の建物と少年。094.jpg
 ちょっちオネム。


 初かふぇはお外でした。寒かったのですが、お初息子さんと、お初息子連れの筆者には比較的安心できる環境でした。
 奥まっている上に寒いからか誰も居ないし、コンクリ(タイル?)だったから、粗相をしてもリカバリが楽そう。
 特にイヌ科を抱いているので暖かい筆者は安心しきり。が、相方さんはさぞ寒かったでしょう。ごめんなさい。


「うえになにかある?」095.jpg
 何もないと思うことが君のため。


 途中、スメラー状態になったのでトイレ退場したら、無事チッチもしてくれてホッとした。
 この頃から息子だけは優秀だった。因みに室内カフェは未体験。ここ以外のカフェ経験もナシ。もっと難易度を上げたいとか思っているのは、筆者の身の程知らず……?


 捕縛された宇宙イヌ。096.jpg
 首〆ちゅう。


 基本的に膝抱っこで大人しくしてくれた息子。多分、疲れていたのだと思う。
 息子を抱いてホカホカのヒト科は、相手の迷惑も顧みずお話に興じる。やっぱり、佐助の中の人の話は心踊るね!(そのテの話しかしていない/笑)


 最早別のなまもの。097.jpg
「……寝かせろ」


 みょびーんと伸びてる息子さん。オネムなのか目が薄開きで本当に変な顔。
 話している間中、じみーに息子弄りに興じておりました。

 その後、ご飯を食べて帰宅。本当に一日がかりのお遊びでした。うん、記事に面白味はないけど、可愛いな、息子!(イヌ科馬鹿)


 しっかし、耳毛は伸びましたな。ふっさふさ具合はこの頃の方が良かった(そして薄汚れていない!)けれど……。今は静電気の所為(と思いたい)か、ちょっちパサパサ。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへb_rank.gif

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

お出かけ補完計画。第二弾。

 2008-01-18
 今回は、「ジャパンドックフェス」のお出かけ準備編。いや、別に記録しなくても、ですが、私的にちょっと面白かったので。





 当日は久しぶりのお出かけ&息子の里親様にお会いする!&もしかしたら運命を拾えるかもしれない!という三種の神器的なやる気が満載で、前日より着ていく服装を決める。
 しかも息子を連れてのお出かけだからと、準備を念入りにしていた。

 が、開けてビックリ!予定していたコート千円也、が皺だらけ。おいおい、服装を決めたなら用意しておけよっていう詰めの甘さはこの際おいておく。泣く泣く断念し、他のコートを物色。


 ……皺がないのがない。


 引っ越してから(当時引越し後半年ほど経過中)一度もオフでまともなお出かけをしていないという体たらくを露呈。全てオフ用コートが皺の理由は適当に段ボールに詰めて放置だったからという、最もで自堕落な理由だった(泣)更に付け加えるとちょっとは栄えているはずの川崎周辺を平気で散歩と同じ服でうろつくのも露呈。
 ならば仕方がないと息子をケージ内に収容し、(少しだけ)アイロンをかけ、着用予定だった奇妙極まりないメガネを着用。


 こんなの。038.jpg
 横が開いてる。


 何てったって、メガネは直ぐに家用のもので出かけること請け合いの筆者だ。早めにチェンジしておくに限る。
 家用のは普通にメガネのまま寝っころがったりするからテンプルって耳にかける棒とか当たり前に曲がっている。こんなので行けるかっ!

 で、アイロンも非難させたし、息子さんを解放するかと彼の方へ。


 ……微妙な空気の流れるイヌ科


 目を合わそうとしない上に、名前を呼んだらケージ内のキャリーに逃走あそばした。
 そう言えば、幼少期ケージ生活だった彼は、メガネ姿の筆者しか見たことがなく、フリーにして始めて昼寝に興じる筆者の素の顔を見て引いた前科がある。


 いや、お前、イヌ科だよな??


 イヌ科が匂いで相手を判別しているとかいうのは幻想なのだろうか。物の見事にドン引いてくれている。泣くぞ、てめぇ。(逆切れ)
 仕方がないので、扉を開放して放置。出たかったら出ろシステムに切り替える。
 すると出てくるが、近づいてこない息子。追い掛け回すことにする。

 明らかにメガネを怖がっているので、もれなく横から指を入れてのピロピロ付。


 ピロピロ~×2(もれなく両方)098.jpg
 ……こんなだから嫌われる。


 で、モチロン出かけの忙しい時間にそんなことやって遊んでいるから、同行予定の母親に怒られる。


「イイ歳してママに怒られてハズカシくないの?ボク、このきもちーのある家のコになりたい」099.jpg
 HAHAHA、毎日怒られているから平気!(最悪)


 何故、母親は自分の娘や息子より、我が息子にばかり甘いのだろうかと恨み言を呟きながら、つづく。(つづきが本題)


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへb_rank.gif

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

お出かけ補完計画。第三弾。

 2008-01-20
 さて、もうドッグフェスの大本題をば。(因みに、大本題その1サブ





 一切引っ張らずドドン!と。101.jpg
 息子の妹姫。


 ドックショー初参戦の妹さん。彼女に会うために出かけたと言っても過言ではない今回のお出かけ。そして掲載許可を頂いてから記事にするのが遅かったのは、ただ単に内容を推敲に推敲を重ねていたから。
 何度読み返しても我が記事はキショっ!となってしまう罠に陥っとりました。

 だってと当日だって超絶美人の彼女にワフワフする変態が一人。熟成されて日ごと腐臭が漂うほどだ!が、ご兄妹は別に……とのことでした(笑)



 互いにそっぽを向く。102.jpg
 筆者の顔は相も変わらず笑顔がキモかった。



 何枚も撮ったこの状態の彼らは、必ず視線を合わせちゃいなかった。うん、まぁ、イヌ科としては正しいのかもしれないけれど。
 でもって、メスよりオスが好きなのではないか疑惑を筆者にもたれている息子は大好きvv攻撃をかますも撃沈されてました(笑)

 妹さん、年上好きなんですって(笑)



「へんなのがいます」103.jpg
 ブリーダーさんに逃げ込む妹嬢。



 ウチに来て息子を如何にアホっ子にしたかを露呈しながらも、ああ、妹萌属性はもってなかったはずなのになぁ……などと逃げ惑うお嬢さんにトキメク筆者も十分変態を露呈。
 どっちもヒト科の自業自得の結果だね!

 そして、ちみっこも堪能させてもらう。



 当時は運命募集中だった子。104.jpg
 君は幸せになるんじゃよ。



 この子は筆者と同じ誕生日とか言う運命だったがために、息子の弟として筆者の中でかなーり悶絶していたけれど、何とか思い止まった子。
 きっと、彼も安堵していることでしょう。



「ボクと同じにならなくてよかったね」105.jpg
「うん!」

 

 ちゃんと撮れているのがなかったけれど、息子は彼をペロペロしたりしていた。おお、動くおもちゃ扱いじゃないのかっ!
 あやしているとは言えないけれど、乱暴にもしない息子に感動。そしたら息子のリードで遊ぶ彼に感涙。ちっこいくせに頑張っててすっげー可愛い!

 横にある自分のパピー用のご飯に目もくれず、お姉さん(成人)のご飯をがっつくバイタリティのある子だった。



「むしゃむしゃむしゃ」106.jpg
 君なら幸せになれる!



 そしてそして、テンテンこと天舞くん!


 こちらの坊っちゃん107.jpg
 もう一つの注目として、後ろでちみっ子がお姉ちゃん’Sフードを完食。



 しかも飼い主ご夫婦のお二方には写真撮影や食事などでお世話になる筆者。内弁慶なくせに意外なところで図太い。
 で、この子がものっそフレンドリーで、【自分は良いが、されるのは嫌】でお馴染みのジャイアン気質保持者の息子は及び腰。折角、尻尾フリフリでやってきてくれたのに……めたさんもお手伝い下さったのにっ!



 ……そして悪魔な事実。


 息子は太っている!!


 いや、ちょっぴりぷっくり?ふっくら?デブではない。(ハズ)
 本当は筋肉自慢大会☆を開催するという下心(笑)を持っていたというのに、ズバッと指摘される。背中のおにくを皮だと信じ込んでいたダメダメ飼い主である筆者。指摘に感謝っす。

 あはは、言われて見りゃあ、ハルくんも細い。

 もう笑うしかない。ダイエットだ!スタローン計画の二の舞にはならないぞっ!!
 そんでもって、やっぱり息子はでかかった事実にも笑う。いや、アグレッシブ遊びが気に入りの筆者にはでかくて感謝すること多しだけれど。



 遠近法とかいう慰めにも屈しないでかさ。108.jpg
 一番手前のが息子。



 その後にブリーダーさんと帰りをご一緒させて頂き、お話に明け暮れる。でもって最後の方でエンジンがかかるでお馴染みの筆者は電車での去り際に挨拶の時間を失くす。
 ……その節はすみませんでした。楽しかったです。

 普段引き篭もりでジメジメしている筆者ですが、色々な方の優しさに触れて楽しかったです。ブリーダーさま、みきさまご夫妻、関係者各位、ありがとうございました!
 非常に楽しい一時でした。


 帰ったら眠りの国の住人。109.jpg
 目が半開きでこちらは非常に怖かった。



 因みに妹嬢は絶賛オーナーさま募集中☆だったり。
 良かったら彼女の運命になって、筆者共々息子と仲良くしてやって下さい。(下心)関東圏だったら、特に神奈川とかだったらめっさ嬉しいなぁ~などとはマジでおもっちょります(笑)
 【いつか、青空。】が誇るイヌ科とヒト科の一方的な愛を浴びてはみませんか?(迷惑)

 美しい子ですが、性格的にも久しぶりの対面たる(修行に出てた)ブリーダーさんに尻尾プリ美で非常に羨ましい子だった。己が悪いと思いつつ、ヒト科に冷たい子に育ててしまった息子に涙がちょちょぎれそうでした;

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへb_rank.gif

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

ヒトはひとりじゃないんだね。前編。

 2008-02-04
 宣言通り、オフ会なるものに参加させて頂いちゃいました。感無量。
 で、昨日は皆様ご存じの通り関東一円雪一面。本来の予定は延期。会えるメンバーで……と言うことで、



 【ざくろ道】のざくろくん。
123.jpg
 ボール大好き!withゆきさん。


 雪だからと確認メールをしたら、ざくろくんの体力を削る為だと散歩という名の戦いにに参戦されていた。
 息子の体力を削る為に就寝時間を削った筆者とは大違い!


 【Calla Days】のcallaちゃん。
124.jpg
 ビバ、妖精!with@yanoさん&かげとらさん。


 妖精と見紛うほどのリトルエンジェル。尻尾ぷり美のうらやまレディ道まっしぐら。
 適当にヒト科をあしらう息子とは大違い!

 でもってそんな息子と筆者をプラスした少数精鋭。
 引きこもりコンビである我が家にそこはかとなく漂う安堵感(笑)

 しかもざくろくんは息子の親戚。お教え頂いておお!っとなったが(すみません)、callaちゃんはパピーパーティでご一緒したという縁が!(覚えていて下さってありがとうございます)
 更に安堵感がプラス(笑)

 が、突然の室内ドックランへの突撃に、狂犬病ワクチン証明が必要だと向かう電車の中で気づく、やっぱりダメっ子ヒト科代表。
 どうなるかっていうと……


「ボクだけお外」
125.jpg
 すまぬ。


 いや、混合ワクチンだけで良いと思っていたんだよ。しかも身分証明書も必要なんだって。わぁ、それも持ってなかったね☆(普段、財布を持たない故)

 で、可愛そうな子を放ってざくろくんとcallaちゃんは室内ドックランを堪能。


 ボール遊び。
126.jpg
「わっほーい!」


 息子には申し訳ないが、ヒト科も堪能。
127.jpg
 callaちゃんがやってきた!(悦)


 先にデカイ、デカイと言い合っていたタダの男組ではない、魁☆男塾(ゆきさん命名)ざくろ氏に追い立てられて(笑)しゃがむとcallaちゃんは逃げに来る。ちゃわい~。

 息子もなぁ……、最初はそうだったけれど、今はもう、ヒト科なんか知ったこっちゃねぇって感じだものな(泣)
 息子は絶賛ヒト科<イヌ科。個人的には等記号希望。しかも……



 まるで主に対するかのようにゆきさんを見つめる息子氏。
128.jpg
 一応、おまえの飼い主は私。



 な感じで、誰でも良かったり、つーか、筆者以外のヒト科好き。わぁ~い、泣いてもイイ??



「見るからに不審者っぽいもんな」
129.jpg
 時折、ニヒルに笑うざっくん。



 しかしざくろくんは本当にフレンドリーな子。ヒト科のせいで可愛そうなことになっている(全てのことにおいて)な息子さんに会いに来てくれる。



 パンチ、パンチ。
130.jpg
 息子も挑発ぽ~ず。


 見つめ合って……
131.jpg
 ロミジュリ(ヤロー同士)


 くんかくんか。
132.jpg
「まだっすっか?」


「さよなら」
133.jpg
「……」


 ……オイ、相変わらずのマイペースやな。空気読んでくれ。
 でも自分が良い時には戻ってくる息子さんは、ロミジュリ状態で会合を果たす。
 するとどうなるかって言うと……


「ぬけねぇー」
134.jpg
 ちゃわいい~(S)


 だけど、飼い主であるゆきさんに救出された後はもう抜けなくはならない賢い子。
 そんな感じでうきゃーうきゃーと息子以外の子と遊んでいたら天罰が。


 壊れた靴とイヌ科。
135.jpg
 バリビリボリっといった。


 しかもしばらくしたら完全に取れて、カフェのヒトにアロンアルファを借りる始末。よーく考えたら小学校の頃に買った980円は、ガタがきていたらしい。そりゃ、腐食もしてるわな。

 で、ダメっ子の為に早々にカフェに移動。申し訳ありません。

 でもって長くなりそうなので(というのは建前で、一日で消化するにはもったいないので)、続く。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

ヒトはひとりじゃないんだね。後編。

 2008-02-06
 前回までのあらすじ。

 室内ドックランに鑑札を忘れ、一人と一匹だけ参加出来ない上に雪道用ブーツをぶっこわす迷惑ヒト科=筆者。
 すぐ下にあるドックカフェに移動するも、息子+荷物で階段にて剥がれ落ちた靴底を拾えない=callaちゃんのお父上に拾って貰う。

 あはは、筆者は稀に見るダメ人間。





 さて、後半のドックカフェ編。


 移動時、来たっ!と思ったのは顔に出ていただろうか。内心、ヒヤヒヤ。心臓、バクバク。
 そもそも筆者は、『お茶=公園で持参ペットボトル飲料』という公式を持っている。正直カフェでのマナーの必要性を感じていない。
 するとどうなるかっていうと、当たって砕けろ☆の法則発動。

 が、カフェでご飯の匂いプンプン、他のイヌ科の匂いプンプンな状況で待てなんて出来なくて当然と思っている(大人しく座っているってヒト科の子でも出来ないよ!)ので、最悪、戦線離脱すれば良いやと算段。
 必要性を感じてはいないけれど、自然にこういった機会で慣れてくれればという下心もある。まぁ、ぶっちゃけると、一人と一匹でカフェに行くなんて侘しいっていう現実があるし。
 ので、出来るだけ大人しくして欲しいという葛藤が心臓を高鳴らせる(笑)


 結果として、息子さんの初室内カフェはドックランが併設されているからか、すっごく親切!
 こんなのが標準なら、ドックカフェも怖くないっ!と思う筆者。ありがたや、ありがたや。

 ガチンコ勝負を決めたがる息子さんは、他の子にあいさつしたがって吠えたし、隣の黒いトイプー(黒い子には強く反応する)にも二桁いくくらいは吠えた。



 対して、良い子たち。
136.jpg
 callaちゃんの匂いをくんかくんか、ざっくん。



 callaちゃんはキャリー大好きっ子で、息子の半分位のお嬢様。ずーと静かで、かげとらさんの膝の上。
 ヤローは隣同士の椅子が災いしてか、時折隣の芝生は青いで気になる気になるで、何度か唾液つきアキレスの交換を交わす。
 もう兄弟の契りを交わしたも同然だな!

 callaちゃんは体格も違うので近付いて貰えなかったし(そりゃ、怖いよね)、筆者が鑑札を持っていなくてドックランにも入れなかったから、あまり接触がなくお写真が少ない……
 でも、本当にちゃわゆかった。変態を一匹製造するくらいに。



 片手で持てるんだぜ!
137.jpg
 まさに空飛ぶ天使。



 そんな感じで時は過ぎ。楽しい時間は早いというのはいつの時代も。
 よってカフェを後にし、記念写真撮影へと勤しむ。良い場所がなくて徘徊(笑)するという裏話があるも、順調に撮影会へとなだれ込む。
 筆者の壊れたアロンアルファブーツも順調だ(笑)



 ボケたり。
138.jpg
 callaちゃんは大好きなINキャリー。


 そっぽを向いたり。
139.jpg
 ここに至るまで、男組だけ雪の中歩きだった(笑)



 それでも謎ビル(後に気づくが、監視カメラ付き)が背景としてお洒落だからという理由で進められる撮影会。
 流石は内弁慶な息子さんは、他人様の前では良い子を気取るので、その他真性良い子ちゃんたちの撮影会は良い感じ。



 我が家の成功例1。
140.jpg
 息子は私を見たくはないって。


 我が家の成功例2。
141.jpg
 ナナメ整列。遠近法マジックで息子がリトル。


 我が家の成功例3。
142.jpg
 ざっくんの首傾げがちゃわゆい。


 我が家の成功例4。(筆者的ベストショット)
143.jpg
 callaちゃんの首傾げがちゃわゆい。男二人を従えて、レディな色気が漂っていると思う。



 ちょこりん、とINキャリーなcallaちゃんとざくろくんが兄妹みたい。きゃるんとした愛玩犬スマイルも標準装備で、防寒用コートすら真面目に着られない息子さんは太刀打ちできず。
 何なの、その着崩しっぷり!グレたの?それともお座りを長時間(というほどでもないけど;)強要したから無言の抵抗?

 その後、駅へ向かうも毎度毎度慣れない外出に荷物を纏めたりの次の行動に移るのがとろい筆者。息子を担ぐのにお待たせし、アロンアルファの魔法が切れる(泣)
 もう面倒臭いお待たせして申し訳ないので、靴底をビニールに入れてぶっ壊れブーツで帰宅の途へ。

 ……ぶっ壊れブーツの見るからに残念なヒト科が連れですみませんでした。(どちらにしても迷惑をかける運命)





 筆者はヒト科に対し、良い感じにしゃべれない。無駄に長くなって要領を得ないか、無口になるか。両極端。ホンに手のかかる子だ。
 一体幾つだよって感じだけれど、自分を食べさせること(就職)ができるようになったら、一切の成長をやめた。(最低)
 もうアグレッシブになる必要はないし、現状を維持できれば人生最高!とか思っている。だってヒト科と付き合うって面倒臭いじゃん(ド最低)

 ので、相当面倒なヒト科だったと予想される。

 なのに真剣にお話を聞いて下さったり、話して下さった。一方的に享受しているようで申し訳ないが、筆者は非常に楽しかった。
 場所から何からおんぶに抱っこで、最後は慣れず不安な電車に「これで終点まで行けば良い」などとまでお気遣い下さった。
 ホント、介護お疲れさまですって感じだ(笑)

 はてさてこれでオフ会にどんどん行くかって言うと速攻NO!なのだけれど、お二組に誘われたならば行きたいとは思う。多分、大人数になるとダメだけれど(根っからのダメ人間)

 本当にありがとうございました。次は是非、青空の下で!!



 帰ったら即寝の息子さん。
144.jpg
 疲れたのだね。おやすみ。



 そして筆者のブーツは……



 両方ぶっ壊れた。
145.jpg
 裏が汚い。


 帰宅途中、ブーツが雪に犯され始めた。どうも一部に穴があったらしい。
 駅から家に向かう途中、市の方が雪を溶かす薬を散布して処理していた。すると途中水地獄ゾーンが出来ていて、雪なら平気だった靴底なしブーツが凄まじい勢いで水地獄と化す。

 行きは同じ道で、鉄がカチッとする滑り止めが付いている完全雪国仕様のブーツに悦っていたのに。
 北海道在住時に購入したもので、雪道にも慣れっこな筆者は、ツルツルと滑る周りに、ほほほほ、膝の使い方がポイントなのよっ!と、完全に優位に立っていたのにっ!!

 多分、あの瞬間あの道で一番の残念なヒト科は筆者だった自信があるゼ!






 最後に、初ドッグカフェでの反省点。



 カフェでの唯一の3ショット。
146.jpg
 callaちゃんがざくろくんをくんかくんか。息子はIN椅子の神目線。



 昼ご飯の付け合わせのサラダが美味しくて最後の一草まで食そうとする(貧乏人)&ナンの食べ方が慣れなかった=非常に食べ方が汚かった。

 あはは、結局全部筆者がダメ人間なんじゃん。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

思い込むことが大切な初詣。

 2008-02-07
 オフ会をした次の日の月曜日。もう既に道がグチャグチャだからと朝散歩を放棄して寝ていた(最低)筆者のもとに一本の電話が入る。


「今日の出先、雪で仕事どころじゃないって」


 筆者の仕事は時折、どさっとどさ周りを課せられる。現在はその時期で、先方の仕事場へ赴いての仕事が主だ。もちろん、それとは別に会社での仕事もあるけれど。
 しかし色んなことが面倒になった筆者。なら休んで良い?とか真面目に繰り出す。この社会不適合者がっ!

 でもいーよーと簡単に返って来たので(ウチ、ダメ人間の集まり?)休みになった!

 なのでそこから更に寝まくって、昼頃に起床。息子ももれなく同衾(笑)だ。
 そして天気が良いのだからと行って来たは……



 徒歩圏に住んでいて、初めて。
147.jpg
 川崎大師。



 正月に送迎のみしたけれど、行ったのは初めて。
 しかもよーく考えたら、今頃初詣な上に十年以上ぶりとかいう体たらく。いやいや、昨日が節分であり、つまりは旧正月!初詣にぴったりじゃん!とか思っての遠出だから、問題なのは十年以上ぶりなことだけだ!

 ……うん、まぁ、どっちにせよ、こんな信者いらんがな。


 とりあえず、出発を記念して家の前にて撮影会。



 こちらもお初。
148.jpg
 散歩道が気になるそう。



 天気も良いので、テロテロ歩く。
 いやいや、昨日も出掛けたのに、次の日も出歩けるとは(出掛けると反動で一週間は引きこもる)感慨深い。日々の息子さんとの散歩が体力をつけたのだろうな。



 息子さんはさくさく。
149.jpg
 筆者はテロテロ。



 絶対、ヒト科って太陽に溶けるナマモノだと思うのだけれど。(妄信)
 それでも珍しく歩みを進める。これも日々の息子さんとの散歩で耐性がついた模様。



 息子さんはてくてく。
150.jpg
 筆者はデロデロ。



 川崎大師を発見するも、警備のヒト科にイヌ科連れで境内に入って良いか質問するも、分からないとの素晴らしいお返事を頂いてしまったので、周辺の探索へ。

 すると大師公園なるものを発見。
 散歩仲間の方にお話を聞いたことがある公園だったので、少し期待していたのだが、期待外れ。別段大きくもないし、イヌ科天国でもない。
 時間帯が時間帯だったけれど、イヌ科を放牧出来る環境でもなさげだった。ちょっとつまらぬ。



 道なる白いのをチェック。
151.jpg
 くんかくんか。



 しかし雪だるまの残骸だと思われるのが数点ぽつんぽつんしているのはおもしろかった。
 そのすべてにマーキングをかます彼に、明日になれば消えて失くなる定めなのだとは心にしまっておいた。



 てんてん。
152.jpg
 ぽつぽつ。



 だけど、息子’Sチッチにペットボトル水をかけてみるも、黄色い染みが消えて失くならないことに愕然とする筆者。
 今すぐ消えてくれっ!!

 ……下が土だからと許すんじゃなかった(反省)



 公園内にはこんなのもあった。
153.jpg
 お休みだったけれど。



 外から見た感じだと、門の奥は中華な感じの宮廷の庭って感じだった。(感じが多い;)
 結構好きな感じではあったので、残念だった。(更に感じをプラス)

 中華っぽくありつつも、日本のテイストも忘れていなくて、どっちつかずな感じ。(良いとこ取りって書けよな!)
 知識がないからもしかすると日本オンリー文化の建物なのかもしれないけれど。
 某中国ファンタジーのコスプレ大会にぴったりな場所だとは思った。開催したら見に行くのにな。(参加はしないぞよ)

 もちろん、ここでも写真撮影にのぞむも、柵がある上に遠かったから無理だった;(上のは柵の間にレンズを差し込んで撮った)



「もう限界です」
154.jpg
 すまぬ。試行錯誤してたもので。



 そんなこんなで、当ブログにぴったりな息子さんの可哀想な画像で続く。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

文化に触れて頭の良いヒト科を気取ってみる。

 2008-02-09
 続かせるほど大したことはないのだけれど、珍しくヒト科が陽気だったから仕方がない。あの気分のまま一日を過ごせるのなら、また行きたいスポットとしては順位が高いのだ!(手頃な感じに近い、ということも含めて)

 はてさて、続き。



 ラストの堪えに堪えている息子さんをぱしゃりとやって散策再開。
 やっぱり公園は大きくはなく、他に面白いものもなし。なので川崎大師へリトライ。

 そしたらイヌ科連れの地元の方が大師から出て来てわっほーい。
 こんにちはーとあいさつしつつ話を聞いたら、OKとのこと。ではでは、参戦致しますか。



 仲見世通りはスルー。
155.jpg
 だって、怖い。(ヘタレ)



 OKだとしても、こそっと入れる場所を見つけるために周りを徘徊。途中、揚げまんじゅう屋を発見し、歩きぐい。うまっ。
 筆者は会津という土地で唯一好きなもの(会津が余りに嫌いすぎて(すまぬ。良い思い出が一つもないのじゃ)ちょっとやそっとの好きじゃ好きだと思えない)は揚げまんじゅうというくらい揚げまんじゅうが好きなので、たまに食べに来ても良いとか思った。

 この世で一番餡にすべし!な胡麻もあったので、なお素晴らしか。
 浅草などにも揚げまんじゅうはあるけれど、あれは邪道だと思っている。衣のない揚げまんじゅうは揚げまんじゅうじゃないよ!(揚げまんじゅうにはめっさ思い入れがある)

 で、ここのは美味かった。美味、美味。
 全種食べたけど、あんこの苦手な筆者でもおいしい上品な甘さのうまうまだった。



 この危ない道をまっすぐいけばある。
156.jpg
 溶けた雪が落ちてくることよっ!!



 位置的には、駅から天の邪鬼に仲見世通りを無視して表参道を大師に沿って歩いていればある。大師の敷地に隣接しているレベルだから、そんなに歩かない。

 そして更に探索をし裏門を発見。こそっと大師へと侵入。ドラクエからメタギアへミッション変更。



 青空に朱が映える。
157.jpg
 朱というのはアジアな文化だと思う。



 やっぱり朱、もしくは紅が好きな筆者は、普通に感動。
 この塔だけで結構な量の写真があった。



 近くで見てもきれい。
158.jpg
 ちゃんと手がいれてある感じだった。ま、当然だろうけれど。



 そんでもって線香壺(勝手に命名)を発見。
 筆者は当然、頭に大量に煙を浴びせかけ、息子にも頭にこれでもかと浴びせかける。賢くなれよ!
 あとはパテラ対策に間接という間接に……という時点で面倒臭くなって、全身に浴びせかけておいた。(迷惑)



「煙いよ。おまけにピンぼけかい。効果のほども知れてるな」
159.jpg
 ……君にピント合わせるの忘れた。



 で、更に進むと、本道発見!
 因に上記の線香壺は、裏門から入った所にある二号機(更に勝手に命名)なので、人が居なかったけれど、本来のルートには人が多い。



 こっちが本筋。
160.jpg
 この先が踏み入れられなかった仲見世通り。



 流石に残念なヒト科代表である筆者も、お参りの場所にはイヌ科は入れられないと誰にも聞かずに察したので、息子さんには待機してもらってさっくりお参り。
 本堂ではかなりの数のお坊さんが読経されていて、荘厳な雰囲気がむんむん。日本にも結構盛んに宗教が根付いているのだな、と無神論者は手を合わせる。

 無神論というのも一つの立派な宗教であると思っているので、改宗するのは難しいだろうけど、こういうときには正式な参拝法などを知っていればな、と思う。
 ま、明日には忘れているような考えだけれど。(実際そうだった)

 少なくとも知識は無駄にならないからな、と思いつつ、見よう見まねの知識とも呼べない知識で参拝を終える。
 ちなみに願いは『現状維持』だった。



 おまたせ~
161.jpg
「……遅い」



 賽銭も事前に用意してさっくり済ませたのに、待ってましたの洗礼を受ける。
 てめ、その泥ぐちゃの足で飛びかかってくるなっ!!

 その後、汚れ切ったズボンで先に公園へ行ったことを後悔しながらヒト科の少ない所を散策。



 弘法大師。
162.jpg
 空海。



 一つ一つに丁寧な説明な看板があったけれど、泥ぐちゃなので次の機会に延期。どうせ揚げまんじゅう食いに来るし!(まだ言っている)
 そして入って来たのとは違う、こそっと最適門を発見したので、帰路へ。

 途中、また揚げまんじゅうが食べたくなって(しつこい)仲見世通り入口を通ったので、写真だけは!(実は上の画像もこの時撮ったものなのだ!)



「まだ?」
163.jpg
 お澄ましもしてみる。



 大師に沿って大回りし、無事揚げまんじゅうもゲット。
 帰りの道にて価格破壊(笑)なポカリのロング缶を見つけ、貧乏人らしからず購入。揚げまんじゅうの食べ過ぎで喉が相当乾いていたし(苦笑)



 手作り感満載な価格表。
164.jpg
 100円。



 めちゃくちゃこのタイプの価格表を搭載した自販が点在。無駄なこと大好きな筆者が帰りの道で数えただけで8台あった。
 ほのぼのとした環境じゃ。

 住宅街にポツリとある感じの、観光地観光地していなかった。それが大変筆者の気に入るところなのだけれど、わざわざ遠くからくる価値は……ねぇ。(と書くに止めておく)
 相当歩いても徒歩で来れるのなら来たいと思うけれど。



 君は特におもしろくなかっただろうし、いつもの公園も行こうか。
165.jpg
「マジで!?」



 と、言うわけで、更に『近所の公園編。』へと続く。(どんだけ元気だったんだろう、この日)


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。